世界日報 Web版

野口英世と恩師フレクスナー


佐藤 唯行

渡米後の苦労が呼んだ縁

獨協大学教授 佐藤 唯行

 千円札の図案で馴染み深い野口英世(1876~1926)。生涯にわたる恩師がユダヤ人であった事実を知る者は少ない。その名はサイモン・フレクスナー(1863~1946)。野口が「世界三大細菌学者」と讃えられるまでに出世できたのもフレクスナーのお蔭と言ってよい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ