世界日報 Web版

政治化する露中海軍合同演習


乾 一宇

クリミア併合が契機に

ロシア研究家 乾 一宇

 5月の対独戦勝記念日に夫人同伴で訪露した習近平主席と彼らを迎えたプーチン大統領は首脳会談を行い、「戦略的パートナーシップ」を強調した長文の共同声明を発表した。だが、現実は共通の利害が一致する場合には協力するレベルのようである。ただ、緊密さの対外アピールだけは積極的に実行している。ここでは、海軍合同演習を見てみたい。

 8月、露中海軍合同演習「海上連携―2015(Ⅱ)」が、日本海海域で実施された。「海上連携」と称した演習は2012年から始まり、今回で5回目となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ