世界日報 Web版

70年談話損ねる反日日本人


久保田 信之

中韓の対日憎悪を助長

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 去る8月14日、安倍首相は我が国をはじめ諸国民が理解できるような、バランスの取れた「歴史的な名演説」を自然体でお話しになったことは、政治家としての真骨頂を十二分に発揮されたと高く評価したい。

 しかしながら、予想されたこととはいえ、早速、中国と韓国が批判にかかってきた。今回、韓国政府は、同国メディアの批判的な反応とは別に抑制的な対応をしたが、中華人民共和国政府の方は特有の「身勝手な怨念史観」を根底に「談話には誠意がない」と切り捨てた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ