世界日報 Web版

ルーズベルトとユダヤ難民


佐藤 唯行

米労組が受け入れ反対

獨協大学教授 佐藤 唯行

 今年はフランクリン・ルーズベルト没後70年にあたる節目の年だ。未曾有の危機、大恐慌と第2次大戦に立ち向かい、見事、乗り切った米大統領(在任1933~45)だ。一方、ユダヤ難民問題への対処では評価はかんばしくない。「ナチス・ドイツが欧州ユダヤ人の3分の2を殺戮(さつりく)している間、彼はそれを冷淡に傍観していた」という批判もあるくらいだ。果たして真相はどうなのか。まずは33年1月に発足する政権1期目からみてみよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ