世界日報 Web版

国家を再建した敗戦後70年


尾関 通允

豊かな長寿社会を築く

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 昭和16年12月8日の日本海軍航空隊(航空母艦から発進)による真珠湾米海軍基地への奇襲攻撃成功に始まった先の大戦が、日本の惨めな大敗北に終わってから、やがて満70年になる。もっとも、対米英戦突入以前に対中国戦が進行中で、戦時体制下の一般国民の生活は食糧不足を中心に日常の消費財をも含めて、次第に困窮の度を増していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ