世界日報 Web版

ヒョウタンから学んだこと


金子 民雄

太古の人類移動に恩恵

歴史家 金子 民雄

 ヒョウタンが実る季節を迎えた。プラスティック製品が世界に蔓延してしまった現代では、ヒョウタンなどと言ったところで気にもかけない人が多いだろう。第一これが植物なのか知らない人も、きっといるにちがいない。「瓢箪(ひょうたん)から駒」、「ひょうたん鯰(なまず)」などといった日本の諺はあるものの、もうこんな古くさい譬え話など、いまではめったに聞くこともない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ