世界日報 Web版

虚偽で行われたイラク攻撃


渡辺 久義

9・11等に探求サイト

京都大学名誉教授 渡辺 久義

 少し前の話だが、JR福知山線事故の被害者遺族と会社側が、糾弾と弁明といったスタンスでなく、両者共同で事実を正確に知ろうという会合が行われたという、やや気持ちを明るくするニュースがあった。こういう事故の遺族というものは、ただ怒り責任者を責めるのでなく、なぜ自分の身内が巻き込まれて死なねばならなかったのか、その原因となった事実を正確に知りたいという気持ちになるものらしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ