世界日報 Web版

ホリスティックな健康観を


根本 和雄

心に湧く気高さも必要

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 我が国における「超高齢社会」は、私たち一人ひとりの生き方と健康に対する考え方を、新たな視点から見つめ直す機会になりつつあるのではなかろうか。なぜならば、単に身体的に病んでいないというこれまでの「健康観」では、現実的に説明のつかない現象に新たに直面しているからである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ