世界日報 Web版

第2次大戦終結70年に思う


小林 道憲

列強世界支配の分水嶺

哲学者 小林 道憲

 今年は、第2次大戦終結70年になる。第2次大戦とは何だったのだろうか。第2次大戦は、ヨーロッパ地域とアジア地域に分けて考えるべきであろう。ヨーロッパ地域における第2次大戦は、第1次大戦につぐヨーロッパ全体の再度の自決行為であったとも言える。しかし、アジア地域における第2次大戦は、もう少し違う様相を呈している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ