世界日報 Web版

赤珊瑚は海で漁らずに掘れ


金子 民雄

タクラマカンから発掘

歴史家 金子 民雄

 今年(2014年)の夏から秋にかけて、中国漁船が小笠原諸島近海に希少な珊瑚(サンゴ)を狙って押し寄せ、ニュースを連日のように賑わせた。多分、日本人の大半はサンゴを知らなかったものはいなかったろうが、これほど半狂乱に群がる中国船の集団に、その真意を知った人はいなかったろうと思う。家の中を探せば、母か祖母の使ったサンゴの装飾品なら、きっと一つか二つは見つかるだろうからだ。しかし、彼の地でこれほど珍重されるものだと知っていた人は少なかったろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ