世界日報 Web版

集団的自衛権と憲法変遷理論


小林 宏晨

一定期間改憲を先取り

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 筆者のドイツでの指導教授、故フォン・デア・ハイテ男爵は、1951年のマインツ大学教授就任記念講演で「暗黙の憲法変遷と憲法解釈」をテーマとした。氏によれば、一国の憲法は具体的歴史的状況から生じ、この状況によって条件付けられ、この状況と共に変化し、規範の中に表明される一国の法的状態である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ