世界日報 Web版

中国の脅威に一致団結せよ


ペマ・ギャルポ

首相批判は方向が違う

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 相変わらず中華人民共和国は日本の領海、領空を侵して挑発行為を続けている。過去26年間は軍事費を2桁で増額し続けている。直近の全国人民代表大会における李克強首相は、更に軍事力を強化し強い海洋国家を目指すと声高に宣言している。彼は「海洋は我々の大切な青い国土だ。海洋経済を発展させ、国家の海洋権益を断固として守り、海洋強国作りに力を入れる」と発言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ