世界日報 Web版

「生老病死」と対峙して


根本 和雄

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 超高齢社会の昨今、改めて自分の生涯の来(こ)し方、行く末に思いを巡らしながら、避けて通ることのできない、人生の大事な生・老・病・死の問題を見詰め直してみたいと思う。人間には生があり、死がある。この生死を明らかにしていくことが人生だと思うのである。

生命誕生の不可思議さ


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ