世界日報 Web版

国際法上の人道的武力干渉


小林 宏晨

安保理専権事項に非ず

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 基本的人権の保護は、武力禁止と並んで国際共同体に現れてから既に久しい。ところで一時、シリアへの武力攻撃について、これが国際法的に許されるか否かが論議された。この問題に関わるテーマは『人道的武力干渉』である。しかも人道的干渉は、国連安保理の専権事項では最早なくなっている現実を指摘したい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ