世界日報 Web版

「必要な時に必要なことができる国家」へ


櫻田 淳

 8月15日時点では、現下の新型コロナ・パンデミック(世界的大流行)第5波には、収束の気配が観(み)えない。政府の緊急事態宣言は、8月末までのものが、さらに延長されるという観測が伝わっている。

国民の気概・技量恃み

 政府の対応が国民に対する「お願い」を下地にしたものである限り、それに応ずる機運は明らかに萎(な)えている。政府の対応は、結局のところ、国民の気概、技量、公徳といったものを恃(たの)みにするものであったからである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ