世界日報 Web版

尖閣領空侵犯措置に万全を


杉山 蕃

監視能力の強化が必要

元統幕議長 杉山 蕃

 先日、安倍総理は答弁のなかで、東シナ海での領海・領空主権維持に係る行動を念頭に、航空活動における時間的推移の厳しさから、不測の事態が起こりやすく、確りした対応を準備しなければならない旨発言した。誠に然りであり、領海侵犯に比し、領空侵犯対処は非常に困難な面が多い。関連して所見を披露したい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ