世界日報 Web版

中国の脅威にやっと覚醒した日本


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 2021年7月1日、中国政府は二つの大きな記念式典を同時に華々しく開催した。中国共産党創立100周年と、中国のチベット解放(侵略)70周年を祝うものであった。習近平国家主席兼党総書記は国内外に向けて嘘(うそ)とはったりの大演説を行い、「今日の中国の大国としての実績はわがシステム(中国的共産主義)の勝利を意味する」と言い切った。

中国の発展助けた日米


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ