世界日報 Web版

名護市長選結果は予想通り


300

「誇り」を傷つけたお金

沖縄大学教授 宮城 能彦

 名護市長選挙が終わった。

 結果は、普天間基地の辺野古への移設に反対する現職の稲嶺進氏が、移設推進を訴えた前自民党県議の末松文信氏を大差で破り再選を果たすというものであった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ