世界日報 Web版

「靖国」不戦の誓い積極発信を


太田 正利

世界中の戦没者を祀る

評論家 太田 正利

 昨年末の安倍総理による靖国参拝に対し、中韓両国がまたまた問題にしているようだ。もううんざりで、いい加減にしてもらいたい。ここでは、所謂(いわゆる)「A級戦犯」が合祀(ごうし)されており、軍国主義の象徴と見られているからだ。そもそもA級戦犯とは過激なイメージが強く、一番罪が重いと誤解されやすいが、これは誤り。戦争指導に当たった国家指導者という、そもそもカテゴリーの問題であり、A級だったが、実際に被告にならなかった岸信介元総理(安倍総理の御祖父)も含まれていた!


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ