世界日報 Web版

災害対応の先駆となった濃尾地震


濱口 和久

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 今年は東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から10年、熊本地震から5年という節目の年だが、もう一つ忘れてはならない地震がある。それは130年前に起きた濃尾地震である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ