世界日報 Web版

日本に必要な自主自立の精神


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 菅総理の国民に対する公約ともいうべきスローガンは、「自助共助公助」であると広く報じられた。私にはこれらの言葉は大変良く響き、特別な思いを持っている。私が幼少時通った難民学校「チベット難民自助協力センター」を開設したのはダライ・ラマ法王の義理の姉であるミセス・ギャロウ・トンドゥップであった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ