世界日報 Web版

男女共創共活社会の実現を


高橋 史朗

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

 平成17年の自民党政権下の男女共同参画第2次基本計画では、当時大学で盛んだった「女性学」は「フェミニズムを正当化するイデオロギーである」などといった批判を踏まえて、「男女共同参画の形成に資する調査・研究の充実」の対象から外された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ