世界日報 Web版

中国海警法施行と日本の対応


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 去る2月1日、中国共産党政府は、海上警備を所掌する海警局に武器使用の権限を付与することを趣旨とする「海警法」を施行した。

 中国共産党政府が台湾や尖閣諸島に手を出すとすれば、それは、どちらが先になるのか。それは「人間が住んでいない」尖閣諸島なのであろうとは、容易に想像が付く。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ