世界日報 Web版

佐野常民と日本赤十字社の創設


濱口 和久

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 日本赤十字社(以下、日赤)は、明治10(1877)年に起きた西南戦争に際し、佐賀藩出身の佐野常民が敵味方の区別なく負傷者を救護するために熊本洋学校に設立した博愛社に始まる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ