世界日報 Web版

米中トップ指導者人事に思う


茅原 郁生

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 世界の注目を浴びた米国の大統領選は接戦の末、メディアはバイデン勝利を報じている。しかしトランプ大統領側は劣勢を認めず、票の集計をめぐって訴訟など徹底抗戦の構えであり、国論の分断や混迷は当分続きそうである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ