世界日報 Web版

古文書が伝える災害の教訓


濱口 和久

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 大海人皇子は、天武天皇元(672)年に起きた古代日本最大の内乱である壬申の乱を勝ち抜き、天武天皇として即位する。そして、天武天皇が編纂(へんさん)を命じ、養老4(720)年に完成したのが『日本書紀』だ。

『書紀』が記す巨大地震


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ