世界日報 Web版

盗品故買の帝王・ソロモンズ


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 英文学の巨匠ディケンズの小説「オリヴァー・トゥイスト」の中には、フェイギンというユダヤの悪者が登場する。子供らにスリの技を仕込み、盗品を買い取る故買屋だ。実はフェイギンには実在のモデルがいた。アイキー・ソロモンズ(1785~1850)だ。ソロモンズが壮年の美男であったのに、フェイギンは不快な老人という違いはあったが、それは物語の性格上、フェイギンの悪役らしさを強調するための設定だったのだ。東ロンドンの貧しい移民家庭に生まれたソロモンズは、14歳から悪仲間と徒党を組み、スリ稼業を始めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ