世界日報 Web版

ディズレーリの人種優越論


獨協大学教授 佐藤 唯行氏

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ベンジャミン・ディズレーリ(1804~81)はユダヤ出自の公職者の中で最も著名な人物だ。立身のため、表向きは英国国教会に改宗したとはいえ、彼の人生は「ユダヤ人の人生」と呼ぶに値するものだった。旺盛なユダヤ人意識を持ち続け、それを公言して憚(はばか)らなかったからだ。

 彼が首相の座に登り、女王の愛顧を得て伯爵に叙せられるために、ユダヤ出自は英国という国では致命的障害にはならなかったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ