世界日報 Web版

WHOにおける中国の呪縛を解け


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 新型コロナウイルス(COVID―19)に対する世界保健機関(WHO)テドロス事務局長の言動は、当初から中国に傾斜しており、不適切であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ