世界日報 Web版

パステルナーク事件の真相


中澤 孝之

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ソ連の詩人兼作家ボリス・パステルナークの名前を知らなくても、『ドクトル・ジバゴ』というタイトル名は今なお、人口に膾炙(かいしゃ)している。「ララのテーマ」曲で有名な米伊合作の文芸長編映画の題名にもなっているからだ。

 およそ60年前,スウェーデン王室文学アカデミーによって1958年度のノーベル文学賞に選ばれたのがパステルナークだった。「私の最も重要な労作。私としては恥じることなく、また勇敢に責任を負える唯一のロマン」とパステルナークが言った大河小説『ドクトル・ジバゴ』。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ