世界日報 Web版

米ユダヤ系ギャングの興亡


獨協大学教授 佐藤唯行氏

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ユダヤ人は北米植民地時代から「暴力性が乏しく遵法(じゅんぽう)精神あふれる人々」という名声を博してきた。状況が一変するのは20世紀初頭だ。警察の犯罪記録簿にユダヤ姓が数多く登場し始めるからだ。

大都市貧民窟が温床に


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ