世界日報 Web版

麹町中学・工藤校長の挑戦


学ぶ力、生き抜く力を伸ばす改革

 今、学校教育の現場で話題になっている教員の働き方改革。東京都内の名門公立学校として知られる千代田区立麹町中学校の校長・工藤勇一氏の教育改革、学校改革、教員の働き方改革に注目が集まっている。公務の合間を見て、全国各地で講演したり、教育関係の新聞・雑誌などからインタビューを受けたり、持論の学校改革について執筆活動をするなど忙しい。

 主なポイントは「宿題」「担任制」「中間・期末テスト」を廃止したことだ。一見、無謀なこと、放任主義のように見えるが、その裏には、個々の生徒に対する強烈な責任意識と重大な覚悟がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ