世界日報 Web版

「多様な性」の実体 ゲイ相手「3桁」の無秩序


 動物行動学研究家の竹内久美子氏が今年3月末、『フレディ・マーキュリーの恋』(文春新書)を上梓(じょうし)した。副題は「性と心のパラドックス」。

 英国のロックバンド「クイーン」のボーカルで、男性同性愛者(ゲイ)であったフレディは日本にもファンが多いロックのスターだった。しかし、エイズウイルスに感染し、1991年に亡くなった。

 この本はゲイ、女性同性愛者(レズビアン)などがなぜ存在し続けるのか、その謎について最新の科学研究で分かった事実を基に迫るというが、実際は7年前に出版され、筆者も読んだ「同性愛の謎――なぜクラスに一人いるのか」の増補改訂版だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ