世界日報 Web版

「花屋のおばあちゃん」の戦い


同性愛者差別として裁判に、最後まで「汝の敵を愛す」

 ワシントン特派員時代から注目し、追い続けていた裁判があった。ゲイカップルの結婚式のフラワーアレンジメントを断ったことで、同性愛者を差別したと訴えられた「花屋のおばあちゃん」の法廷闘争である。

 米西部ワシントン州で花屋を営んでいたバロネル・スタッツマンさんが、同性婚のフラワーアレンジメントを断ったのは2013年のこと。敬虔なキリスト教徒として、結婚は男女のものと固く信じていたからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ