世界日報 Web版

快進撃が続く最強の棋士・藤井聡太三冠


デジタルとアナログの思考を融合

 藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖)の快進撃が続いている。19歳のいまだ底を見せない強さは驚きをもって見られている。

 現在、第34期竜王戦七番勝負が行われている。挑戦者としての藤井三冠が先勝している。相手は、天敵といわれる豊島将之竜王だが、このところの対戦は藤井三冠が優勢だ。8月に行われた王位戦では、豊島竜王を破って防衛(棋聖と王位の二冠)、9月に再び対戦、豊島竜王から叡王を奪取、最年少で三冠を達成した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ