世界日報 Web版

ミャンマー国軍の浅知恵


23年の再選挙、国際社会は認めず

 ミャンマーで国軍がクーデターを起こしたのは2月1日。この日、非常事態宣言を出した国軍は、事実上の政権トップだったアウン・サン・スー・チー氏を拘束し、国家の全権掌握を宣言した。

 あれから半年が経過した。

 8月1日に軍政は2023年8月までの総選挙実施を明らかにし、暫定政府の発足と国軍総司令官の首相就任を発表した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ