世界日報 Web版

コロナ下の五輪開会式、残念だった経済界の欠席


 東京五輪が開幕して10日。日本人選手の連日の活躍もあり、序盤の五輪は開催前の不安やトラブルを吹き飛ばすかのように、大きな盛り上がりを見せている。

 息詰まる熱戦が繰り広げられ、勝者・敗者悲喜こもごも、それぞれにドラマチックなストーリーが展開され、見る者を感動させ、夢と希望そして勇気を与えてくれている。まさに「スポーツの力」である。

 参加した選手のコメントではないが、「五輪が開催されて本当に良かった」と、心からそう思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ