世界日報 Web版

「ジェンダーの視点」の歪み


結婚による女性の幸せ軽視

 メディアに「ジェンダー平等」という言葉が頻繁に登場する昨今だが、ジェンダーとは「社会的・文化的につくられる性別」と解説され、その不平等や偏見が女性に関わるさまざまな課題の背景にあると見るのがジェンダーの視点だ。

 分かるようでもあるし、言葉遊びのようにも感じるが、ジェンダーの視点について学ぶことは必要なことだと思い、ネットで見つけた『ジェンダーから見る日本史』という本を読んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ