世界日報 Web版

処理水の海洋放出 科学的広報で風評被害なくせ


 「科学的根拠に基づいたものとは言えない、感情的で他の思惑が絡まった主張は受け入れがたい」

 東京電力福島第1原発(F1)の処理水の海洋放出決定に対し、中国や韓国の批判が高まっていることについて、公明党の山口那津男代表は14日の党会合でこう反論した。共同通信が伝えているが、公明党の代表が中韓の内政批判にこれほど明確に反論することは珍しい。山口代表は今回の決定が「冷静で透明性のある判断」に基づいたものであり、それを「粘り強く国際社会に訴え、国民にも浸透させる必要がある」とも述べたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ