世界日報 Web版

無料通信アプリ「LINE」問題の衝撃 


システム管理を海外委託、日本の情報管理の脆弱さが露呈

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」の利用者の個人情報が、中国の企業によって閲覧が可能だったニュースに大きな衝撃が広がった。正確に言えば、システム管理を委託されていた中国企業の技術者からアクセス可能な状態で、実際に中国の技術者が少なくとも32回、日本のサーバーにアクセスがあったことが確認されているというのだ。

 このニュースが流れると一部のネット民からは、スパイ防止法の制定を叫ぶ声が上がっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ