世界日報 Web版

「同性婚」が問うもの


婚姻は生殖か「ふれあい」か

 「同性婚」を認めない婚姻制度の違憲性を初めて問う訴訟の判決が17日、札幌地裁で下される。多くの先進国が同性婚を認める趨勢(すうせい)にあって、日本は今後も一夫一婦制を堅持できるのか、注目の判決だ。

 憲法24条には「両性の合意」という文言があるように、憲法は同性婚を「想定していない」。だから、同性カップルに男女と同じ法的保護を与えないのは違憲でない。これが国の主張だ。一方、憲法は同性婚の禁止を明文化していない上、第14条は「法の下の平等」をうたい、性別による差別を禁じている。だから、同性カップルの関係を「婚姻」と認めないのは「不当な差別」というのが原告の主張だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ