世界日報 Web版

コロナに明け暮れた学校 禍転じて福となせる来年に


 学校・教育現場においても、新型コロナの影響は大きく、まさに「新型コロナに明け暮れした1年」となった。地域・学校の事情によって差異はあるものの、3月2日から4月5日まで全国で臨時休校、通常40日くらいある夏休みも2週間程度に減少、文化祭・学園祭、修学旅行、ほとんどの部活の発表会、全国大会も簡素化されたり、延期・縮小される事態となった。応援してくれた保護者、支援者、何よりも本人たちの落胆・失望は計り知れないものがる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ