世界日報 Web版

「バイデン米大統領」誕生なら…


ずれた外交センスに懸念

 ネット上で使われるスラング(俗語)に、「逆神」という言葉がある。立てた予想がことごとく外れる人のことを指すが、筆者がワシントン特派員として米国の外交政策をウオッチしていた時、この言葉が最も当てはまると感じたのが、ジョゼフ・バイデン前副大統領だった。

 バイデン氏は36年間の上院議員時代、外交委員長を務めた経験などから「外交のプロ」と呼ばれていた。オバマ政権の副大統領に選ばれたのも、外交分野への見識が買われたからだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ