世界日報 Web版

未知の世界に挑むアルピニスト 新たな挑戦を映像で表現


 アルピニズムの世界で何が起きているのか。山岳雑誌がそれを伝えているが、大きなインパクトで迫ってくるのはやはり映画だ。

 昨年9月に日本で公開された米国映画「フリーソロ」は、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園内にある絶壁エル・キャピタンが舞台。

 ここはクライミングの聖地として知られ、975メートルの壁は難所の連続。過去に単独でロープなしに登った人はいない。この映画はそれをやり遂げて世界中を驚かせたアレクッス・オノルド氏の記録。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ