世界日報 Web版

米保守主義運動の「輸入」 日本再生のヒント見いだせ


 トランプ米大統領の下で盛り上がる米国の保守主義運動を、日本に「輸入」しようとする動きが起きている。

 米国で毎年開かれる「保守政治行動会議(CPAC)」は、全米の活動家が一堂に会する保守派最大の集会だが、日本でも2017年から、その日本版である「J―CPAC」が開催されるようになった。CPAC主催団体の「全米保守連合(ACU)」が全面協力し、これまでにトランプ氏の側近だったスティーブン・バノン元大統領首席戦略官ら大物が講演している。CPACは日本以外に豪州、ブラジル、韓国でも開催されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ