世界日報 Web版

トランプ認識は周回遅れでも、彼の提起する問題は無視できない


山田寛

 1992年の米大統領選予備選の最中、米南部のオクラホマ州の町を訪れ、「日本車たたき」場面に出会った。日本車の「侵略」が、米自動車産業に打撃を与え、日本の政治家の「米労働者は怠け者」発言なども伝わり、日本への怒りがあちこちで噴出していた。その町では、米中古車販売店主が、店先にいけにえの古い日本車を置き、1回1㌦で通行人に憂さ晴らしをさせていた。中年の大男が、重いハンマーでぶったたいていた。近くにGMの工場があり、1日5人以上がたたいて行くとか。ドンという音と共に、日米両方が傷ついて行く気がした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ