世界日報 Web版

仏メディアにあふれた「カミカゼ」


山田寛

 英語その他にも「カミカゼ」は入っている。2001年の米同時多発テロも、「カミカゼ・アタック」と形容された。だが、仏語にはより深く浸透し、形容詞的用法だけでなく、決死テロ実行犯が皆「カミカゼ」と呼ばれる。

 カミカゼ2人が射殺され、3人目の女カミカゼは自爆し…などなど。この語はもう完全に定着してしまったと実感し、後悔した。「私たちは無頓着で怠慢だった」。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ