世界日報 Web版

ウイグルやロヒンギャから 多数の難民を受け入れる夢


山田 寛

 難民問題に関わる私の新年の夢は、日本が、民族浄化的大迫害を受けている中国やミャンマーのイスラム系少数民族、ウイグル、ロヒンギャなどの難民を多数受け入れ、助けることだ。

 民族浄化問題は本欄でも取り上げてきたが、昨年1年間を通じウイグルやロヒンギャ問題への国際的反応の鈍さを見て、年初に訴えたくなった。ウイグルでは昨年、50万人の子供を親から隔離し「寄宿舎」で洗脳している、といった新残酷ニュースも伝えられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ