世界日報 Web版

お坊さんは総合的な相談相手


瑞田信弘

これからのお寺の役割

称讃寺住職 瑞田信弘氏に聞く

 香川県高松市にある浄土真宗本願寺派の称讃寺は毎年秋、総本山善通寺で宗教学者の山折哲雄氏をメーンゲストに専門家を招き「心と命のフォーラム」を開いて10年目になる。とかく葬式仏教と批判される中、生きている人のためのお寺を目指して活動する瑞田(たまだ)信弘住職に、これからのお寺の役割について伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ