世界日報 Web版

対インド外交、新幹線と原発で関係深化を


岡本幸治氏

大阪国際大学名誉教授 岡本幸治氏に聞く

モディ政権で日印関係が進展している。

 インドへの新幹線輸出には十数年前から三井物産と日立製作所、JR東日本などの企業連合が取り組んでいた。それが実を結んだのは、経済成長を第一に掲げたモディ政権の誕生が大きい。2014年9月に訪日したモディ首相は、歴代首相のように東京ではなく大阪(関空)に降り立ち、しかも日本文化の中心である京都に1泊した。安倍首相は京都でモディ首相を迎え、一緒に東京に向かっている。これらにより、安倍・モディ間に個人的な信頼関係が醸成されたとみてよい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ